開始線

  • 茨城県ひたちなか市大成町の地に、柔道を通しての芯のある人間育成を目指し、当塾を立ち上げました。

                    ☝☆当塾横断幕☆                     

芯成塾の意味

  • 『芯』には、「芯のある人間」「幹の個性」の意味を含めています。どのようなものにも芯の丈夫さが必要だと考えています。挨拶の出来る人間・途中で逃げ出さない根性・挫折しても諦めない人間・笑顔でいれる人間等。これらは常識を理解・好きだから・楽しいから等の「芯」があるからこそ生まれてくるものだと考えています。 又、芯には細い幹・太い幹、長い幹・短い幹など様々でそれが個性と考え、当塾の塾生1人1人の個性を伸ばしていきたいという意味を込めました。
  • 『成』には、「地名・大成町」「成長」「成功」の意味を含めています。
  • 『塾』には、「通う」「精神育成」の意味を含めています。補足としましては、「芯成道場」より並びの良さも考えました。

初心

 ☜1番最初は塾長が1か月程準備をし、監督・先生・塾生1人から始まりました。ここから始まったこと、いわゆる『初心』を忘れないようにしていくことを約束します。初めての練習・大会・昇段試験・レクリエーション全ての始まりがあり、試行錯誤の連続であります。日々進化していくように、ここに記します